IoT・ハイテク

4G速度低下懸念工業情報化部「5Gと4Gの両立保障する」

中国工業情報化部報道官は822、「5Gネットワーク構築のために4Gネットワークの通信速度制限行われている」というネットでのについてコメントした。同報道官は、工業情報化部には過去にも今後通信キャリアに4Gネットワークの通信速度引き下げ制限求めた事実計画はないとしたで、通信キャリアによる内部チェックを求めるとともに、キャリアへの監督管理今後更に強化していく考えした。

中国では現在、4Gが主要なネットワークインフラとなっているが、5G導入向けた動き多く消費者では、通信キャリアが4Gによるサービスや維持管理打ち切ることへの懸念が高まっている。中国三大移動通信キャリア(チャイナモバイル、チャイナテレコム、チャイナユニコム)はこれに対し、4Gネットワークの最適化やサポートを行ったで、5Gの商用化向けた準備更に進めていくと表明した。

4G速度低下の懸念に工業情報化部「5Gと4Gの両立を保障する」
解説

中国世界最大のモバイル通信市場であり、5G商用化中国経済にもたらす潜在力軽視できない。情報化部今年6初めて5G商用化免許交付行い大キャリアのほか放送会社中国広播電視網絡公司免許取得した。中国のモバイル通信業界では長期にわたり寡占状態続いており、今回4G通信速度低下への懸念寄せられた裏側には、通信キャリアのサービスに対する消費者不信感憂慮という本質的問題がある。

※商業目的で、画像および文字を許可なくダウンロードや複製等を行うことは固く禁じます。
中国商業新聞