IoT・ハイテク

Adobe、Tモールに旗艦店開設個人ユーザー市場開拓図る

米国のソフトウェア会社Adobeは、中国本土ユーザー向けにサブスクリプションプラン「Creative Cloud 中国撮影プラン」を発売し、さらに中国大手EC(電子商取引)プラットフォーム「Tモール()」にAdobe公式旗艦店開設すると発表した。Adobe中国本土個人ユーザー向けソリューションを打ち出すのは今回初めて

Creative Cloud 中国撮影プラン」は、「Photoshop」と「Lightroom Classic」の2つのソフトウェアが利用可能で、プロカメラマン及び愛好家向けとなっている。利用料年間プランで888Adobeのソフトウェアは、中国本土ではこれまで企業向け製品しか提供されておらず、正規ソフトウェアの入手経路限られている価格高価なため、中国本土利用者米国、香港で発売されたバージョンを購入したり、海賊版使ったりするケースが多かった。これを受け今回のサブスクリプションプランは、中国本土のユーザーにも受け入れやすい価格設定されている。

Adobe、Tモールに旗艦店開設へ 個人ユーザー市場の開拓図る
解説

Adobe中国本土個人ユーザー向けソリューション導入今回のタイミングを選んだ背景として、ユーザーのでも有償のソフトウェアを購入する習慣市場根付き始め著作権関する意識高まりつつあることがある。また、Adobe自身競争激化晒されていることも、中国個人ユーザー市場開拓する意欲につながったようだ。今回Tモールとの提携選んだことには、中国本土における正規版Adobeソフトウェアの普及促進するとともに、商品やその販売チャネルを掘りする狙いがある。

※商業目的で、画像および文字を許可なくダウンロードや複製等を行うことは固く禁じます。
中国商業新聞