金融・マネー

銀行投資信託商品回り低下続く 民営銀行貯蓄預金好調

中国では、銀行販売する投資信託商品回りが17カ月連続落ち込む一方民間銀行扱う貯蓄預金商品金利上昇基調続いている。

中国では、主要銀行自社のインターネットプラットフォームで取り扱う投資信託商品多く回りが3%程度にとどまる一方民営銀行扱う貯蓄預金商品金利多くが4%以上で、5%を超える商品多い。また、民営銀行提携する外部インターネットプラットフォームを通じた商品販売でも顧客獲得しており、貯蓄預金残高大幅増えている。銀行の投資信託や、キャッシュレス決済「アリペイ」の残高運用する「」などMMF商品回り軒並み下降する、民営銀行預金金利はより魅力大きい

銀行の投資信託商品で利回り低下続く 民営銀行の貯蓄預金は好調
解説

通貨緩和政策採られている中国国内現在流動性高く銀行資金潤沢状況にあり、従来型投資信託商品残高減少しつつあり、回り見通し低下続けている。民営銀行資金力こそ小さいが、体制柔軟で、幅広い提携関係を構築して顧客獲得図り貯蓄預金商品金利引き上げ続けている。ただし、経済貿易情勢動揺長期化すれば、手広く預金集めたことによる金融リスクに直面するおそれもある。

※商業目的で、画像および文字を許可なくダウンロードや複製等を行うことは固く禁じます。
中国商業新聞