文化・社会

三体」から「超新星紀元」へ ブーム続く中国SF

中国有名SF小説原作とする映画超新星紀元」の制作スタート座談会が823北京開かれた制作会社責任者は、出演者陣容をじっくり練り上げる考え示すとともに、先に公開された映画Shanghai Fortress原題上海堡塁)」の失敗中国SFにダメージをもたらさないと述べた

2019中国の「SF元年」と呼ばれる映画流転地球」などの映像作品文学作品次々送り出され中国のSF市場急速拡大している。このほど日本正式発売された小説三体」の日本語版は、発売初日初版本1万冊完売し、わずか1週間第10版まで増版され、8万5,000冊発行されるなど、日本出版市場席巻している。今回の「超新星紀元」の原作小説が「三体」と同じく劉慈欣であることからも、世間期待集まっている。

「三体」から「超新星紀元」へ ブーム続く中国SF界
解説

今年初めにセンセーションを起こした流転地球」から、ワーテルローの敗北喩えられる低調沈んだ今夏終盤の「Shanghai Fortress」に至るまで、中国SF今後発展内外注目集まっている。「三体」の日本でのヒットは、これまで挫折繰り返してきた中国SF市場自信与えるとともに、SF作品には科学性独創性裏付け不可欠であることを証明した。中国では今後も、高いストーリーやプロットを題材にしたSF映画制作続くだろう。

※商業目的で、画像および文字を許可なくダウンロードや複製等を行うことは固く禁じます。
中国商業新聞