文化・社会

夏休みの「研究学習旅行」 1,000億元のブルーオーシャン市場

夏休み迎えた中国有名大学博物館科学技術館などでは、「研究学習探求型学習)」活動訪れる学生たちの集団があちこちで見られる中国では、人々生活レベルが向上するにつれ、子女教育熱心保護者加速度的増え学習プラス観光謳う研究学習旅行」がひそかなブームとなりつつある。

研究学習旅行市場過去3年間急速伸びた大手教育研修機関旅行会社などは同市場巨大成長潜在力着目し、関連商品次々打ち出した中国旅游研究院が2017発表した「中国研究学習旅行発展報告」によれば、中国の「研究学習旅行」の市場規模は2020ごろに1,000億元突破する見込みで、観光業新たなブルーオーシャン市場となっている。

夏休みの「研究学習旅行」 1,000億元のブルーオーシャン市場に
解説

研究学習」は数年前生まれた新たな用語で、国外では探求型学習呼ばれ集団での旅行生活通じた体験型教育サービスを学生提供する。欧米諸国比べ中国市場探求型学習導入遅かったが、ニーズは旺盛で、急速拡大している。探求型学習提供する旅行商品絶大人気誇るが、表面的な「旅行」のレベルに留まるものが多く、「」と「学び」を深く融合させることが、今後の「研究学習市場攻略課題言える

※商業目的で、画像および文字を許可なくダウンロードや複製等を行うことは固く禁じます。
中国商業新聞