IoT・ハイテク

テレワークの需要急増 オンラインオフィスソフトがユーザー争奪戦

新型コロナウイルス拡散影響け、各企業従業員休暇後在宅業務なうようびかけたのをけ、オンラインオフィスアプリのユーザー争奪戦まっている。企業微信(WECHAT WORK)、騰訊会議(TENCENT MEETING)、阿里巴巴釘釘(DINGTALK)、華為WeLinkなどのプラットフォームが次々とテレワークの案内っている。字節跳動(BYTEDANCE)傘下のオフィスキット飛書(FEISHU)も新機能をリリースしテレワーク関連サービスを提供している。

しかし、釘釘企業微信華為...

続きをご覧になるには 無料会員登録が必要となります。無料会員登録サンプルを見る
中国商業新聞