IoT・ハイテク

集中キャンセルで数億元資金調達 新型コロナウイルスがOTAを直撃

中国新型コロナウイルスの肺炎がアウトブレイクしてから、各大手OTA(オンライントラベルエージェント)の携程(TRIP.COM)、飛豚(FLIGGY)、去哪児網(QUNAR)、馬蜂窩(MAFENGWO)などはいずれもくの旅行商品および関連サービスなどのキャンセル・変更などが発生し、キャンセルや変更手続無料にしたことで、OTAの資金調達数億元規模している。

OTAプラットフォームのキャンセル件数で、かつ海外のキャンセル・変更爆発的増加したことにして、大量のカスタマーサービススタッフが休暇返上、...

続きをご覧になるには 無料会員登録が必要となります。無料会員登録サンプルを見る
中国商業新聞