IoT・ハイテク

TikTok、ビリビリ動画など政府当局問題 青少年モードの形骸化

4中旬中国江蘇省政府当局は、一部未成年者のゲーム中毒、ライブや巨額などの問題をめぐり、ユーザー消費者からの苦情いスマホゲームおよびライブプラットフォームアプリにして実体験的調査実施した。抖音海外版はTIK TOK)、ビリビリ動画(BILIBILI)、快手(KUAISHOU)、虎牙(HUYA)など18の人気アプリが調査対象となった。

同調査報告は、実名認証されていない、ライブのによる勧誘疑惑課金により直接サードパーティーのプラットフォームにジャンプする、返金フローが複雑である...

続きをご覧になるには 無料会員登録が必要となります。無料会員登録サンプルを見る
中国商業新聞