実業・産業

家電業界圧力 美的、ハイアール、ハイセンス幹部減給報酬凍結

最近中国家電大手から相次いで役員減給報酬凍結情報えられている。美的グループ(MIDEA GROUP)の役員給与の30%を凍結、ハイアールグループ(HAIER)の役員業績給放棄、ハイセンスグループ(HISENSE)の役員率先して減給とし、家電メーカーは相次措置危機えようとしている。

新型コロナウイルス感染拡大影響で、白物家電業界製品生産から最終消費まですべてで回転状態にあり、20201半期全体小売販売は5し、2半期はさらにがり企業経営圧力急激に...

続きをご覧になるには 無料会員登録が必要となります。無料会員登録サンプルを見る
中国商業新聞