実業・産業

家電業界圧力 美的、ハイアール、ハイセンス幹部減給報酬凍結

最近中国家電大手から相次いで役員減給報酬凍結情報えられている。美的グループ(MIDEA GROUP)の役員給与の30%を凍結、ハイアールグループ(HAIER)の役員業績給放棄、ハイセンスグループ(HISENSE)の役員率先して減給とし、家電メーカーは相次措置危機えようとしている。

新型コロナウイルス感染拡大影響で、白物家電業界製品生産から最終消費まですべてで回転状態にあり、20201半期全体小売販売は5し、2半期はさらにがり企業経営圧力急激増大すると予想される。さらに美的、ハイアール、ハイセンス3海外業務売上める割合は40%以上になり、世界での感染拡大影響け、経営一段しくなるだろう。

家電業界に圧力 美的、ハイアール、ハイセンス幹部が減給や報酬凍結
解説

公開データによると、今年1-2、カラーテレビ、エアコンなど各種家電小売販売はすべて30%以上減少生産台数もすべて20%以上減少した。供給需要双方圧力がかかる大多数家電メーカーの売上高はマイナス成長局面直面するだろう。中国家電業界大手として、美的、ハイアール、ハイセンスの役員減給報酬凍結大規模人員削減回避し、業界熟練労働者をとどめ、企業経営圧力するだろう。

※商業目的で、画像および文字を許可なくダウンロードや複製等を行うことは固く禁じます。
中国商業新聞