地方・海外

各地病院投資建設 医療弱点補強重点

最近雲南河南省などの地域現地病院拡張増設計画相次いで展開されている。このほど雲南省人民政府印刷配布した「雲南省重大伝染病救護治療能力向上プロジェクト実施方」と「雲南省疾病抑制機関核心的能力向上プロジェクト実施方」によると、雲南省は65億元して、伝染病病院拡張および省全域抑制機関核心能力向上いることを計画している。

また、河南省では「河南省三級医療機関設置計画」を印刷配布し、こう5年間三級公立病院162ヶたに増設することをしており、うち管轄レベルで85ヶレベルで70ヶとなっている。竣工後省全域三級医療機関病床数は271,000し、人口1,000あたりの病床数は2.7する見込みだ。

各地で病院投資・建設を拡大 県が医療の弱点補強の重点に
解説

中国各省都市農村には、医療資源きにわたる顕著不均衡している。それは、具体的には、病院設備れ、学科経験不足医療人材深刻流出など多方面にわたりれている。現在公共衛生サービスの水準向上各地行政事業重点となっており、全国公共衛生体系健全化地方格差縮小のため、関連政策により地方医療資源への投資拡大し、人材資金移動などの分野への注力促進している。

※商業目的で、画像および文字を許可なくダウンロードや複製等を行うことは固く禁じます。
中国商業新聞