金融・マネー

豚肉企業時価総額度々高値更新 神農股份びIPO申請

農業養殖グループの神農股份(SHENNONG AGRICULTURE INDUSTRY GROUP)は証券監督管理委員会にIPOの申請した。中泰証券同社推薦機関となり、上海証券取引所のメインボードに上場する計画だ。神農股份今回19.06億元募集する予定で、飼料加工プロジェクト、子豚繁殖基地飼育基地建設プロジェクトにてる計画だ。

2017神農股份めてのIPO申請失敗わった。2019神農股份売上高前年比66.3%の大幅増となり、そのうち飼料業務は26.13%にまで減少し、養殖業務比重前年比5以上の31.95%に上昇した。このほど、新希望(NEW HOPE)、牧原股份(MUYUAN)などの豚肉企業半期業績発表し、売上高純利益がともに倍増した。そのうち、牧原股份時価は2017べ340%上昇している。

豚肉企業の時価総額が度々高値を更新 神農股份が再びIPO申請
解説

需給関係のため豚肉価格大幅上昇し、中国豚肉企業業績上昇して時価度々高値更新している。神農股份近年売上構成改善き、養殖食肉処理業務への投資やし、会社規模急速成長している。新希望牧原股份などの有名企業をベンチマークにして、神農股份順調上場同社のさらなる業務転換資金面えるだろう。しかし、神農股份売上の71.32%は雲南での売上であり、省内個人客への高度依存早急改善しなければならない。

※商業目的で、画像および文字を許可なくダウンロードや複製等を行うことは固く禁じます。
中国商業新聞