地方・海外

杭州「Eコマース農業支援始動 ペアリング地区農産品出荷支援

このほど、杭州商務局農業農村局などの部門共催する「Eコマース農業支援杭州行動」が正式にスタートした。関係責任者は、このキャンペーンにより杭州のEコマースでの優位性発揮することで、ペアリング支援対象地区農村振興貧困脱却難関攻略けることを表明した。

これまで、阿里(ALI)、網易厳選(NETEAST)、貝貝集団(BEIBEI)など杭州現地企業はいずれも国務院扶貧開発領小組公室発表の2019企業貧困扶助正確事例名簿入選している。杭州の「農村支援キャンペーン」は通年継続され、杭州れたEコマース企業積極的動員することにより、合計34項目もの重点Eコマース貧困扶助農村支援プロジェクトを実現しており、農産物都市出荷支援するとともに、ペアリング支援地区でのEコマースのサプライチェーンの構築援助しているという。

杭州「Eコマース農業支援」始動 ペアリング地区農産品出荷支援
解説

中央では中国の2020発展につき、全面的貧困脱却そして小康社会実現として位置づけている。この目標実現のため、各地では貧困扶助農村支援のプランを積極的模索しており、なかでも「インターネット+貧困扶助+農産物」モデルはオンラインとオフラインの融合により、Eコマースプラットフォームの浸透率させるとともに、農産物販売ルートの拡大役立っており、非常効果的だ。杭州中国のEコマースのであり、この優越性十分発揮することにより、特色ある貧困扶助げている。

※商業目的で、画像および文字を許可なくダウンロードや複製等を行うことは固く禁じます。
中国商業新聞